家庭教師の大手と個人

先生の選び方

家庭教師をいざ依頼してみようとなったとき、どのように先生を見つけるかにはさまざまな方法があります。 大手と個人契約の家庭教師には違う点がいくつかありますが、その中でも重要なのが、先生の選び方の違いです。

まず、大手では、企業自体と契約をするため、先生を直接選ぶことはありません。 契約を結ぶときは、実際にきてくれる講師ではなく、別の担当の方のことが多いです。 ある程度の希望を聞いてくれることはもちろんありますが、実際に先生に会って決めることはできないでしょう。 しかし、大手であれば説明会やキャンペーンを行うことがよくあり、体験授業を行ってくれるところもあるため、 実際の授業の様子などを事前に実感することができます。

また、企業による面接を行って通った人たちが家庭教師になっているので、 人柄や学歴などが保証できるというメリットもあります。 反対に個人契約を結ぶ場合は、無限に探す方法があります。 インターネットで個人契約の家庭教師を紹介してくれるサイトは多くありますし、 心配であれば知り合いのつてをたどって、先生になってくれる人を探してみるのもよいでしょう。

自分たちで先生と面談して決められるのもよいところです。 しかしこれには見つけるのに大変な手間がかかることもありますし、何より特に保証がある先生が来るわけではないので、 あたりはずれがあることも覚悟しなければなりません。